イソフラボン・ウコン・エストロゲン・AHA

イソフラボン
イソフラボンは大豆のほかに葛の根やクローバーなどにも含まれてます。
とくに大豆胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種です。

女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きがあり、
美白作用、保湿性の向上といった肌の美容効果も認められています。

そのほかにも豊胸効果や生理不順の改善など、女性にとってうれしい効果や作用があります。

ウコン
ウコンとはインド原産のショウガ科の多年草で、英名はターメリックといいます。
根や茎には古来から、肝臓病、胃炎、黄疸、高血圧、生理不順などへの薬効効果が認められています。

紫ウコンはシネオールという成分が血中の余分なコレステロールを排出するとされています。
また、主成分のアズレンによって腸に溜まった老廃物を押し出し短時間で排出する作用があるといわれます。

他にもカンファーという成分で胃腸の働きを良くする効果によって紫ウコンは優れたダイエット効果をもたらせます。

エストロゲン
女性ホルモンのひとつで「卵胞ホルモン」と呼ばれています。

このホルモンが出ていると、月経があり、妊娠もし、肌もつややかで、
髪の毛も多く、張りのある乳房にするなど女性らしくする以外に、
血管や骨も強くなり、脳や自律神経の働きをよくしてくれて健康を保ってくれるのです。

またエストロゲンは排卵の準備をするホルモンで、
生理の終わりごろから排卵前にかけては分泌が高まります。

40代半ば頃になると分泌が急激に減少しはじめて
うつやイライラ、不眠、倦怠感などのさまざまな更年期症状の原因にもなります。

AHA
AHAとは、アルファヒドロキシ酸の略で、フルーツ酸といってフルーツに多く含まれます。

コラーゲンの生成を促し、自然にムリなく古い角質を取り除いてくれます。

古い角質がなくなると毛穴が締まり、肌のキメも細かくなって肌の再生を助けてくれる働きをしてくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加