アラニン・アルファリボ酸・アルブチン・アンチエイジング・アントシアニン

アラニン
アラニンは、脂肪燃焼アミノ酸であるとともにコラーゲンを再生するうえでかかせないアミノ酸です。

また、肝臓においてブドウ糖の生産を促すはたらきを持っていて
ダイエットやスポーツに、不足してはならないもので、
アルコールの代謝を促進して二日酔いの予防や、肝機能を保護し、
糖値を下げるインスリンの分泌を促し、脂肪分解酵素を活性化するといわれています。

サプリメントや食品添加物として、栄養強化剤および調味料としても使用されています。

アルファリボ酸
アルファリポ酸はミトコンドリアという細胞内のエネルギー生産工場にブドウ糖を積極的に届ける働きをします。

食べたものをキレイに燃焼して脂肪として残さないので、
ダイエットに効果的で末端の神経の血流を改善し、新しい神経繊維を再生するのを助け、
抗酸化力」と「抗酸化持続力」で、若返りや肌の老化を遅らせる効果のある栄養素なのです。

アルブチン
アルブチンは、高山に生息する、コケモモ、ナシ等の植物の葉に含まれる天然成分です。

メラニンを作るメラノサイト(色素形成細胞)内の酵素、
チロシナーゼに直接はたらきかけ、シミ・ソバカスの原因となる過剰なメラニン生成を抑えます。

安定性・安全性ともに高く、美白効果にとても優れています。

アンチエイジング
アンチエイジングとは、老化を防ぎ、若返りを促し、若さを保つこと、さらには若返るという意味を言います。

アントシアニン
ブルーベリーやアヤムラサキという種類のサツマイモに含まれている紫色の色素のことで、
抗酸化物質ポリフェノールの一種です。

視神経の働きを支えているロドプシンという色素の再合成を促して、
疲れ目の予防・改善、視力回復の作用があります。

その作用には即効性があって、視力回復に効果があるそうです。

又、活性酸素の生成を抑制し、血液をきれいにする、肝機能を向上させる、
血圧を抑制する、などの作用があるということが分かっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加