プチ断食・プロポリス・ベータカロチン・ポリグルタミン酸・ポリフェノール

プチ断食
プチ断食は、半日から3日の間野菜ジュースなどを飲み、
そのほかの食事は一切口にしないというダイエット方法です。

プチ断食をすると、体内の老廃物や有害物質を排出します。

短期間のダイエットで、食べ物もまったく口にしないわけではないので、
週末などに気軽にできるのではないでしょうか。

脂肪の燃焼や便秘にも効果があり、
体質改善ができダイエットにも効果的なので定期的に生活に取り入れるとてもいいかもしれません。

プロポリス
ミツバチの巣から採れるプロポリスは、抗菌・抗炎症作用などに優れています。

プロポリスには、有効成分フラボノイドやアミノ酸、ミネラル等の天然成分が多く含まれており、
特に主成分となるフラボノイドは、
植物が紫外線やウイルス等の外敵から身を守る為の自己防衛機能としての役割をはたします。

また血液の免疫力や抗菌力などを高めることで、内臓や細胞の働きが活性化され病気にも驚くべき効果があります。

ベータカロチン
ベータカロチンとは、カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜に含まれるカロチノイド系色素の一つです。

カロチンは体内でビタミンAにかわり、のどや消化管の粘膜、皮膚を健康に保つ働きをしてくれています。

ベータカロチンはタバコやアルコール、紫外線などによって体内にできる活性化酸素の発生を抑える働きをしてくれています。

でも加齢にともなって働きが低下していくので年齢とともに、ベーターカロチンを含むものを摂るように心がけましょう。

ポリグルタミン酸
ポリグルタミン酸とは納豆のネバネバ成分のことです。
保湿効果はヒアルロン酸の約2倍でとても多いです。

肌の乾燥に困っている人にお勧めで、お肌にみずみずしい潤いを与えてくれます。

ポリフェノール
ポリフェノールは、ポリフェノールは、糖質が一部変化した物質の総称で、
植物の葉や花、茎などに多く含まれていてとても種類が多いのです。

その中で代表的なのがお茶のカテキンや大豆イソフラボン、赤色色素のアントシアニンなどがあります。

ポリフェノールには、強い抗酸化作用があり、老化の原因と言われる活性酸素を除去する働きがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加