豆乳洗顔

豆乳洗顔について
豆乳で洗顔すると肌に残っている汚れなどをを浮き上がらせて洗い流せるうえに、潤い成分の補充にもなります。

豆乳にはそういった洗浄効果もあります。

肌や手穴の余分な汚れを取り抗酸化作用でシミや色素沈着、肌の老化そのものを進行させる活性酵素を排除します。

(こまめから一言)
*豆乳は無調整を必ず使いましょう。

洗顔を始める前に
パッチテストを行ってください。
少量のパックを腕の内側に塗り、48時間ほど様子を見てください。
かぶれや湿疹がでた場合は使用するのを止めてお医者様に相談してください。

豆乳洗顔の仕方
(1)豆乳を準備する

(2)豆乳とぬるま湯を250mlずつ洗面器に入れる。

(3)豆乳成分が浸透しやすくするために、念入りに洗顔をする。

(5)豆乳を顔にパシャパシャかけます。

(6)あとは軽く洗い流す。

(こまめから一言)
お風呂場でやると効果をより高めます。汚れると風呂場なら流すだけでOKなので楽ちんです。

豆乳ピーリング洗顔の仕方
(1)洗顔後に冷たい豆乳を直接顔に塗ります。
(開いた毛穴を冷たい豆乳で引き締めます)

(2)角質やくすみが気になるところに何度か繰り返し多めに塗ります。

(3)乾いたらこすります。

(4)やさしくマッサージをして古い角質をこすり落とします。

(5)水かぬるま湯で洗い流してください。

(こまめから一言)
*週に1度くらいがいいと思います。
*豆乳は無調整を必ず使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加