卵白洗顔

洗顔の仕方
(1)洗顔をする前に、手をきれいに洗い汚れを落としましょう。汚れがあると洗浄力も半減します。

(2)ぬるま湯であらかじめ顔全体を2.3回すすぎ大まかな汚れを落としておきます。

(3)洗顔料をよく泡立てます。泡はきめが細かく弾力性のある泡にします。

(4)泡で顔を包み込むように洗います。

(5)手で大きな円を描くようにほおを包むように洗います。

(6)目のまわりを一周しながらをやさしく中指と薬指で洗います。

(7)おでこはらせんを描くように洗います。

(8)鼻筋にそって下から上へと往復します。

(9)口のまわりはやさしく円を描きながら洗います。

(10)あごや顔の横は両手の手のひらを当てて下から上に洗います。

(11)後はぬるま湯で洗い落とします。すすぎ残しがないようしてください。

(12)すすいだ後は、タオルを押し当てるくらいがいいと思います。こすったりしないように注意してください。

卵白洗顔について
卵白には極端に脂質が少なく、保湿効果のあるアルブミンやアミノ酸が豊富に含まれています。
それと抗菌作用や皮膚細胞の修復促進作用のあるリゾチームという酵素も含まれいます。
このような成分が、パックによってシワやたるみやくすみの改善に効果を発揮するそうです。

注意*卵白はアレルギーの原因になりやすい成分なので、アトピー性皮膚炎の人や敏感肌の人にはお勧めできません

洗顔をする前に
パッチテストを行ってください。
少量のパックを腕の内側に塗り、48時間ほど様子を見てください。かぶれや湿疹がでた場合は
使用するのを止めてお医者様に相談してください。

卵白洗顔の仕方について
(1)卵を白身と黄身に分けます。
(2)通常の洗顔をしてメイクや汚れを落とします。
(3)ぬれたままの顔に卵白を塗り広げ指の腹でやさしくマッサージする。
(4)そのまま乾くまでしばらくおきます。
(5)あとは水かぬるま湯でよく洗い流します。

(こまめから一言)
こまめの家では、残った黄身に砂糖を入れてパンにつけて食べます。子供は大好きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加