重曹風呂・豆乳風呂・米ぬか湯

重曹風呂について
重曹のお湯に浸かるだけで美肌効果がありつやつや肌になり、
血行がよくなり肌に潤いがでてきます。

ぬるめのお湯で半身浴をしながらじっくり浸かることをお勧めします。
重曹は美容用や食用を使用してください

・重曹風呂の入り方
天然塩・・・約半カップ  
重曹・・・1カップ  
精油・・・数滴

豆乳風呂について
浸かった後の肌は、さっぱりしっとりという感じです。
乾燥対策も欠かせないお肌に、豆乳はぴったりの入浴剤になりますよ。

・豆乳風呂の入り方
豆乳・・・150mlから200ml
精油 ラベンダー・・・3滴

米ぬか湯について
こちらは、すでにご存じの方も多いと思いますが、
個人的に大好きな入浴剤の一つなので、ご紹介したいと思います。

市販のガーゼやお茶用のティーパックに米ぬかを入れ、そのまま浴槽に落とすだけ。
シンプルなレシピですが、すべすべの肌になり、米ぬか独特のさっぱり感、つるつる感もあります。

・米ぬか湯の入り方
米ぬか・・・大さじ3、4

米ぬかは入浴剤に使う以外にも、パックにしたり、石鹸の材料に混ぜたり、
肌が敏感な時の洗顔剤としても使えます。

いろいろな用途がある米ぬかですが、手頃な値段で売られていることが多く、
お米屋さんによっては無料で頂けることもあります。
ただ、米ぬかの油分は酸化しやすいため、早めに使い切るようにして下さい。

入浴時の精油の使い分け方
リラックス効果・・・ラベンダー・カモミール
癒し効果・・・ペパーミント・ローズマりー
気分転換効果・・・バニラ・マンダリン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加