肥満を予防する食生活

食事の量を減らす
肥満を予防するにはまず、食事を上手にとることからはじめなければなりません。

急に食事の量を減らしてしまうと、ストレスがたまったりしてまたあとで、
ドカ食いしてしまうことがあります。

徐々に少しずつ減らしていったり、カロリーの低い食事を摂るようにこころがけましょう。
ここだけは注意して食事をとるようにしてください。

絶対に暴飲暴食はしない。
腹8分目くらいにおさえるようにしてなるべく間食をしないようにしてください。
自分のカラダは自分でしっかり管理しましょうね。

食事は時間をかけて
食事はゆっくり時間をかけて食べること。
ゆっくり噛んで食べることによって、満腹感を得ることができて少量でお腹がいっぱいになります。

規則正しい食生活
どんなに運動をがんばっても、食事の量を減らしても、
食事をする時間が不規則だったら、あまり意味がありません。

1日3食ムラなく食べて、就寝前には絶対にものは食べない。
夕食を食べてから、4時間は床につかない。

規則正しい食生活をすることによって、体も元気に健康になっていくでしょう。

食物繊維がたくさん含まれているものを食べる
野菜を中心とした食事にして、
食物繊維を多く含んだ食品を多く食べることをお勧めします。

食事を食べる順番も、野菜類を先に食べ満腹感になりやすくすることで
食事の量を抑えることができます。

食べる順番にも気を使って、健康なからだ作りにはげみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加