キャベツダイエット

キャベツダイエットをはじめる前に
キャベツダイエットをはじめる前に、
まず「キャベツ」の、栄養素・ダイエット効果について説明します。

キャベツにはビタミンA、B1、B2、C、E、K、ナイアシンなど、
ほとんどのビタミン類のほか、ミネラル分も多く、
カルシウム、リン、鉄、カリウム、マグネシウムなどが含まれています。

キャベツはカロリーも低いし、ビタミンCが特に豊富で、大きめキャベツだと、
たった2、3枚ほどの葉を食べるだけで、1日のビタミンCの必要量を補う事ができ野菜です。
特に中心部に近い葉ほど、ビタミンCが多く含まれます。

ただ、キャベツは「特別ダイエット効果の高い特有の成分を含んでいる」というものではありません。
これまでも言われている、ダイエットに良いとされる栄養成分をバランス良く含んだものでもありません。

だから、後で書くようにタンパク質等を補う必要があります。

キャベツダイエットの仕方
「キャベツを食べる」それだけなのですが、レシピというものもこれといってありません。

キャベツダイエットは、キャベツを1/6をざく切り(5センチ角くらい)にしたものを、
食事の前に10分以上時間をかけてゆっくりとよくかんで食べるというものです。

おやつは握りこぶし大の果物を2個まで。

夕食は午後8時までにすませることとタンパク質を1日70グラムとると良いです。
(目安として牛乳200ミリリットル・卵1個豆腐半丁・肉80グラム・魚80グラムです。)

食事でタンパク質を補うことで、筋肉をへらすことなく、痩せやすい体質にしてくれます。
必ず守りましょう。

キャベツダイエットは、食物繊維と水分が豊富で、
かみごたえがある葉をゆっくりと食べる事で、
おなかの中が満たされ、メインの食事で満腹感を感じるのを早める、というものです。

キャベツを食べる時に、マヨネーズは避けて、
ポン酢や焼肉のたれ・ゴマだれなどにして味に変化をもたせることで長続きすると思います。

キャベツに飽きないようにすることがポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加