リンゴ酢の作り方

リンゴ酢の作り方
(1)リンゴ1kg用意します。
(2)皮はむかず芯だけとり、ひとくちの大きさくらいに切ります。(皮はよく洗ってね)
(3)瓶に氷砂糖500グラムとリンゴを入れ酢900mlを注いで出来上がり。
(4)約1ヶ月したら飲めます。
*置いている間、氷砂糖が溶けるようによく混ぜてやります。
*飲み方は水に薄めて飲んでください。(牛乳で薄めてもおいしいよ。)

(こまめから一言)
リンゴ酢は飲むだけでなく、酢の物にも使えるのでとても便利です。

漬け込みの基本について
材料は水洗いして、水気をよくふき取っておきます。
皮も漬け込む場合は、皮をたわしなので丁寧に使って洗い、汚れを完全に落とすことが大事です。

材料は、皮をむいたり種を取り除いたり、
適当な大きさに切ったらするのですが、材料の香りやエキスが浸出しやすいようにしましょう。

保存びんは洗剤で丁寧に洗ったあと、十分にすすいでから、
熱湯をかけて消毒しふきんの上に逆さまにして、
完全に乾かしておきます。

(こまめから一言)
雑菌はカビや濁りの原因になるので、清潔を徹底する
ことが大事です。

保存の仕方について
保存場所は、温度変化があまりない涼しくて直射日光が当たらない場所がいいでしょう。
時々、様子を見てカビなどが発生していないか確認したり、
砂糖が溶けるまでは静かに、揺り動かして混ぜ合わせます。

(こまめから一言)
ラベルを作って、漬け込んだ日時や分量を書いて次回
作るときの参考にするといいです。

実の引き上げについて
実を取り出すときには、アミやお玉が便利なのですが、
必ず雑菌が入らないようにきれいに洗ったものを使うこと。

長時間漬け込むとおいしくなるものもありますが、
渋みが強くなるものもあるので、実の引き上げ時期が
きたら取り出し、沈殿物を取り除くためにこしましょう。

(こまめから一言)
取り出した果実はジャムにしたり、刻んで蒸しパンに入れて食べるといいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加