玄米コーヒーダイエット

玄米コーヒーダイエットについて
玄米にはフィチン酸という成分がたくさん含まれています。
フィチン酸は腸到達するといミネラルや毒性のあるものを排出します。

でも必要なミネラルなども排出する欠点がありました。
でも玄米を炒って炭にしたことによって、
フィチン酸が有害物質だけ排出するように変化するようになります。

また十分に炒った玄米コーヒーは
便秘や消化不良を起こす危険もなく発ガン性物質も発生しないので
食べられる炭なのです。

炭には小さな穴が開いていて穴が毒素を吸収し排出してくれます。
その他にマグネシウムをたくさん含んでいるため
マグネシウム不足によるさまざまな病気や症状を予防する最適な食品です。

また抗酸化作用・抗炎症作用・抗菌作用・抗腫瘍作用など
たくさんの健康効果があります。

とても、からだにはいい飲み物なのです。

玄米コーヒーの飲み方
朝昼晩に1杯、1日3杯くらいがいいと思います。
お茶や水の代わりに飲んでいただいてもいいです。

(こまめから一言)
私には味がいまいち・・・・

玄米コーヒーの作り方
(1)玄米はフライパンで弱火で40分空炒りする。
こうばしい香りがしてコーヒー豆のような色になったら火からおろす。

(2)炒った玄米を少し冷ましすり鉢で粉状になるまですります。
ミル機能付きのミキサーがあれば使うと便利です。

(3)コップに玄米の粉を約2グラム(小さじ1杯)を入れ200mlのお湯か水を注ぎよくかき混ぜて飲みます。

注意
*手作りした玄米コーヒーは作ったその日に必ず飲みきりましょう。
(酸化しやすいので)作り置きはしないこと!

(こまめから一言)
作るまでに時間がかかり、作り置きできないのが問題かなぁ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加