心臓病

心臓病
心臓病と言ってもさまざまな病気の種類があります。

動脈硬化が原因となる虚血性心疾患や生まれつき心臓に問題がある先天性心臓病など症状や原因もそれぞれ違います。

最近増加しているのが虚血性心疾患です。
狭心症や心筋梗塞など動脈硬化で引き起こされる病気で生活習慣が大きく影響を及ぼしています。

心筋梗塞
心筋梗塞とは血管内にできた血栓が血管をふさいでしまうことで、
冠動脈が完全につまってしまい、その先にある心臓の筋肉に酸素や栄養素が届かず細胞が死んでしまいます。

胸に我慢できないほどの、痛みや激痛が起こり、吐き気や嘔吐をともなう事もあります。
それが心筋梗塞です。

心不全
虚血性心疾患や他の心臓病によって心臓の機能が低下することで
心臓はポンプの役割をする働きが十分果たせなくなることで心不全になります。

心不全の状態で心臓が送り出す血液の量が低下すると、からだがだらしくなったり、疲れやすかったり、呼吸が苦しく、息切れむくみなどの症状が現れます。

狭心症
心臓の筋肉は、冠動脈から酸素や栄養素を取り込んで働いています。

この冠動脈が動脈硬化を起こすことで、
冠動脈が狭くなり心筋に十分な血液を供給することができなくなり、
運動などをして心筋が大量な酸素を必要としたとき心筋は酸素不足になります。

そのような状態を(虚血)といいます。

運動したときに、一時的に酸素不足から胸が苦しくなったことはありませんか?
それが狭心症です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加