脳卒中

脳卒中とは
脳卒中は依然として死因の上位を占めています。

がんや心臓病と共にいわゆる3大成人病として関心が持たれていて脳卒中は、
脳の血管がつまったり、破れたりすることで起こるものです。

脳卒中の恐ろしいところは、たとえ命をとり留めても、
半身マヒなどの障害が残ってしまい、
日常生活に不自由をきたしている人が多く昔から恐ろしい病気のひとつです。

脳卒中は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、一過性脳虚血発作の4つに分類されてます。

脳梗塞
脳梗塞とは脳卒中の一種で、脳の動脈の内腔が詰まる病気です。

動脈の途中で詰まってしまうとその先へ血液が流れなくなってしまい、
受け取るはずの酸素が届かなくなります。

酸素の足りない脳の部分が機能停止したり低下することになります。

脳機能が停止あるいは低下すると言うことは、
体のあらゆる部分で障害が発生することとなり、最悪生命の危険に及ぶこともあります。

脳梗塞には脳血栓と脳塞栓の2種類があって、それぞれつまり方が違います。
両者の違いを見分けるのはなかなか難しく、一般的には脳梗塞と呼ばれています。

・脳血栓による脳梗塞の症状について
脳梗塞のひとつである脳血栓とは、動脈硬化により内腔が狭まり細くなった血管部分の流れが悪くなってしまいす。
次第に血管には栓ができてしまい内腔を閉塞させてしまいます。
高血圧症、糖尿病などを患っている方に起きることが多いです。
脳血栓の特徴は、顔の麻痺で始まり、片側の手足の麻痺や感覚低下が起こります。

他に話すときろれつが回らなくなり、言葉が出てこなくなったり、
さらには意識障害で昏睡状態が続くこともあります。

このような症状は寝ているときや安静にしているときに起きる事が多く、
時間の経過と共に症状の悪化は進んでいきます。

・脳塞栓による脳梗塞の症状について
脳以外の場所で血栓、腫瘍、脂肪などの塊が血液の中を流れてきて、
脳の動脈に引っかかってしまい閉塞してしまうことを脳塞栓と言います。

心臓にできた血栓がはがれてしまい脳の動脈を詰まらせます。

心筋梗塞や心臓弁膜症などの病気を持っている人は心臓に血栓が出来やすくなり、
心臓に細菌が発生しそれがはがれて流れたものが血管を塞ぐ、
他の異物が血管内を流れてきて塞ぐなどいろいろあります。

脳塞栓の特徴は脳血栓とほぼ同様な症状が発生しますが、
症状の起きる頻度が高く数分単位で症状があらわれます。

脳出血
脳の血管(動脈)が動脈硬化を起こすことで血管壁が固くなったり、
厚くなったり内腔が狭くなり、血液の流れがわるくなった状態になることで動脈壁は弾力性を失いってもろくなってしまします。

そのため血管壁は血圧に対する抵抗力がなくなり、小動脈瘤ができます。
(小動脈瘤とは、細い動脈の壁が血圧に耐えきれなくなりってふくらんだものことをいいます。)

さらに、血圧が急激に上昇するときに小動脈瘤は破れてしまい脳出血を起こしてしまいす。

このように脳出血は脳動脈硬化の基礎疾患のうえに高血圧が原因で起こるのが一般的で、通常、高血圧性脳出血と言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加