アンチエイジング食材

自宅でアンチエイジング
年齢とともに起こってくる老化現象のシミ・しわ・たるみの原因のひとつが細胞の酸化です。

酸化を予防するために、自宅で毎日の食事の中で気を使っていくことを心がけましょう。

酸化を止める役目を果たす、抗酸化物質を多く取り入れます。

抗酸化物質とは野菜や果物や穀物に含まれている苦味や色素匂い成分などに多く含まれています。

だからと言ってそればかり食べていてはいけません。

炭水化物・タンパク質・脂質・食物繊維も一緒にとり
栄養バランスのよい食事を取ることでカラダの中がきれいになり、
アンチアンチエイジングにつながるのです。

今日から、頑張って衰えないカラダ作りを実践してみましょう!!

アンチエイジングの食事の仕方
(1)まずは抗酸化物質を摂取すること
なによりも先に、体内の酸化を防止することが大事です。

野菜や穀物や果物に含まれるビタミンAやカロチンやカロチン、
アントシアニン・リコピン・セレンなどを含む食材をカラダにとり込む食事を考えます。

(1)バランスよく三大栄養素を摂る
三大栄養素をバランスよく摂ることで、細胞の活力が向上します。

(3)食事はゆっくり時間をかけて食べること
早食いは肥満や生活習慣病のもとになります。

ゆっくりかんで食べることによって、
脳の血行がよくなったり噛む刺激は消化酵素の分泌をうながしてくれて、
栄養の吸収を高めてくれます。

さらに満腹中枢を刺激するため、
少なめの食事でも満足することができダイエットにもつながるのです。

噛むことで唾液が殺菌作用で虫歯を防いでくれたり、免疫力を高める働きもしてくれます。

食事中に少し気にかけてあげるだけで、カラダによい効果をもたらしてくれます。
すぐにできることだから今日からはじめましょう。

アンチエイジング食材
(1)ビタミンA
緑黄色野菜に含まれています。
かぼちゃ・ニンジン・ほうれん草など

βーカロテンには強い抗酸化作用があり、活性酸素からカラダを守ってくれます。

(2)ビタミンC
ブロッコリー・果物(苺・キウイ・グレープフルーツなど)

コラーゲン生成や毛細血管の正常を保つ働きや鉄の吸収を手伝ってくれます。
また風邪をひきにくくしたり、発ガン物質を抑え、ストレスを和らげる働きもしてくれます。

(3)ビタミンE
ウナギ・サンマ・イワシ・イカ・アーモンド・発芽玄米など

必須脂肪酸の過酸化を防ぐ働きや発ガン抑制・老化防止・生殖機能の維持などにも効果があるそうです。

(4)カテキン
緑茶の中に含まれている苦味成分がカテキンです。

食後のお供はお茶にしましょうね。紅茶やウーロン茶にも含まれていますが緑茶がお勧めです。

(5)アントシアニン
ブルーベリーなどのベリー系の果物に含まれています。

アントシアニンとはポリフェノールの一種で老化の防止や目の疲れなどに効果がると言われています。

(6)リコピン
リコピンはトマトの赤い色素に多く含まれていて抗がん作用などの働きがあります。

(7)セレン
マッシュルーム・ニンニク・アンチョビなど

セレンは・ガンや心臓病、卒中の危険性を減らす働きをし・糖尿病・動脈硬化予防や・免疫力を高め・老化を防いでくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加